私は生理になると下腹部痛だけでなく、頭痛や腰痛、吐き気、下痢などを伴います。

毎回こういった症状が起こるわけではないですが、体調の良し悪しなどによって、ヒドい症状が起こる場合があります。

下腹部痛や頭痛があまりにもヒドい場合、1、2日ほど寝込むこともあります。

そういった時には、痛み止めの薬としてロキソニンSを服用します。

以前、婦人科に通院していた際、生理痛の頓服薬としてロキソニンを処方してもらっていました。

それが、私の体質に合っているのか、よく効いたので今でも生理痛には市販されているロキソニンSを使用しています。

市販されているロキソニンSは、病院で処方してもらうものよりも少し効き目が弱いのかもしれませんが、それでも十分痛みを抑えることができるので、いつも飲んでいます。

通常、服用してから30分程で効果が現れてきます。

頭痛と下腹部痛、腰痛すべての痛みを抑えることができます。

ただ、胃腸が弱い私にとっては、連続して3回以上服用すると下痢ぎみになります。

ロキソニンは胃腸に負担がかかる薬のようです。

ですので、なるべく胃への負担を軽くするために、毎回多めの水で服用するようにしています。

また、薬剤師に相談して教えてもらった胃薬を、併用して飲んだりすることもあります。

トリキュラー28通販